大企業では 30代で出世コースを歩めるかどうかが決まる

今現在大企業にいてずっと勤め続けたいと思っている方に向けて、出世のことでお話ししたいことがあります。

私は大企業(大手メーカー)で8年間エンジニアとして勤めた末に辞めて、現在は家業を営んでいる身です。

さて、私自身が会社を辞めた理由は、裁量を発揮しにくい環境が嫌だったことと、出世コースを外れそうだったからです。

そのあたりのことは、これらの記事↓ を参考にして下さい。

今思い返すと、自分の場合はやっぱり大企業から抜け出して良かったと思っています。

自分には現在の経営者としての立場の方が合っているからです。

だからと言って、今現在大企業にいる方を否定するつもりは全くありません。

むしろ、大企業の良さは以前よりも理解しているつもりです。
(辞めた後にはじめて分かる良さもありました。)

だからこそ、このサイトでも大企業が合いそうな人には転職を進めるわけですし。

さて、以前に大企業での出世についてこちらの記事↓ を書きました。

この記事に補足する形になりますが、

大企業では 30代で出世コースを歩めるかどうかが決まる

という事実をお話ししておきたいと思います。

ホワイトカラーを前提としますね。

RYO
人生のモチベーションに関わってくるので、ずっと同じ大企業で勤め続けたいと思っている方は、出世コースに乗って頂きたいのです。

その方が会社生活が100培楽しいと思うからです。

大企業では 30代で出世コースを歩めるかどうかが決まる

大企業では 30代で出世コースを歩めるかどうかが決まる

大企業での出世コースに乗った場合と外れた場合のイメージ

RYO
マジで30代で出世コースを歩めるかどうか、決まりますよ!

30代前半で出世に差が付き出し、後半で出世コースを歩めている人それ以外の人別れるイメージです。

(ちなみに私は、30代前半で逃げ出しました。)

皆30代のどこかで係長にはなりますが、タイミングは人それぞれです。

そして、出世コースに乗っている人は30代後半で課長になり、その後も順調に出世を重ねていく場合が多いです。

結果から言えば、私がいた会社では

●出世コースを歩めている人・・・40代後半で次長になれている人

●普通の人・・・40代で課長になってそのまま会社生活を終える人

●出世コースを完全に外れた人・・・40代になっても係長のままでそのまま会社生活を終える人

こんなイメージ↑ でした。

40代になると、会社の中での自分のポジションはほぼ決まってしまいます

ずっと同じ部署のメンバーで仕事をしてきているので、一度決まったポジションを変えることは容易ではありません。

30代でやり切って悔いを残さない

私は、身動きできなくなるサラリーマンの末路に恐怖を覚え、大企業を抜け出したのでした。

RYO
しかし、この記事で伝えたいことは「私のように逃げましょう!」ということではないんです。

努めている大企業が好きなあなたには、出世コースに乗ってほしいと思うのです。

就職・転職を考えている方は、面接で自分の強みをしっかりとアピールできなければいけません!

客観的に自分の強みを知るために、リクナビNEXTのグッドポイント診断を受けてみましょう!

グッドポイント診断のレビュー記事はこちらになります ↓


あたなは自分の会社が好きなので辞めようとは思わないでしょう。

であれば、出世した方が全然楽しいと思うのです。

出世すればするほど、自分の存在感はかなり強まるし、組織の中での自分の存在意義も感じれると思うからです。

30代で無理やりにでもランク付けされるので、そこを何としてでも勝ち抜いて下さい。

私が会社にいた頃に年上の人たちを見ると、年齢が同じでも役職が上の人の方が発言力があるのです。

発言力があるから出世しているというのもあると思いますが、役職が付くことで発言しやすくなる、逆にそうでないと発言しにくいという気持ちもあるように思えました。

わずかなことで差がついて、その後の会社人生も変わるというのは普通にあることだと思います。

出世が上手く行かない経験をすると、少なからずモチベーションが下がります。

そこを気持ちを取り直して踏ん張ることは容易ではありません。

中には、一時的に報われなくても気にせずに頑張り続けて挽回した人もいます。

ですが、30代で躓くとやる気を無くしてしまう人が圧倒的に多いようです。

これは、私が当時お世話になった部署の上司や部長もそう言っていました。

「30代のうちであれば挽回のチャンスはいくらでもあるけど、本人がめげちゃう場合が多い」

と。

だから、出世競争が始まってからは悔いが残らないようにやり切ってほしいと思うのです。

何度も言いますが、会社が好きでずっといたいと思うのであれば。

一番身近なはずの同期が出世で差が出だすと遠い存在になっていく

一番身近なはずの同期が出世で差が出だすと遠い存在になっていく

私のかつての同期も40代となった今、会社でのポジションは人それぞれで別れていますよ。

1年間に何回か会いますが、出世コースを歩めている人とそうでない人がいます。

そして、出世コースを歩んでいる人の方がどうしても楽しそうに見えるんですよね。

会社にいた頃にも感じていたことですが、同期間で出世に差が付くと、身近なはずだったのに疎遠になってしまう印象がありました。

部長の話しを聞いていたときに、「昔は同期のA君とよく遊んだ」みたいな話を聞いて、今現在は仲がいい印象がないので意外に感じました。

部長とAさんが同期ということもはじめて聞きました。

その2人、役職は全然違いました。

年配の方に対して「誰が同期ですか?」と聞くのには何となく抵抗がありました。

同期の方が役職が上だったら、聞いてしまって申し訳ない気がしたのです。
(出世コースを歩んでいる人に聞くのは、全然いいと思いますが。)

中には自分はどのようなポジションであっても、全然気にならないという感じの人もいます。

そう思える人はとても幸せだと思います。

ですが、ほとんどの人は、組織の中での自分の立ち位置って意識していますよ。

そして、絶対に上にいた方が楽しいに決まってるんですよ。

まとめ

大企業では 30代で出世コースを歩めるかどうかが決まります。

会社が好きなあなたは、出世競争を勝ち抜いて下さい。

私の立場では、こういった精神論しか言えませんが。

30代で出世競争をやり切って、悔いが残らないようにして下さい。