学生時代は大企業のメリットしか見えていない、デメリットも知ろう

今学生で、これから就職活動を行います。

大企業が華やかに見えるし、周りの人も大企業ばかり考えています。

大企業就職は本当にいいことだらけなのですか?

こういった疑問↑ にお答えします。

私は大企業(大手メーカー)で8年間エンジニアとして勤務した経験があるので、

中を見てきた人間の目線でお話しすることができます。

昔も今も、一定以上のレベルの大学の学生は、皆就職活動では大企業を志望します。

学生から見て、大企業勤務はメリットだらけに感じられますが、デメリットもあります。

RYO
ちゃんとデメリットにも目を向けた上で、最善な選択をして頂きたいです。

学生時代は大企業のメリットしか見えていない、デメリットも知ろう

学生時代は大企業のメリットしか見えていない、デメリットも知ろう

なぜ学生は大企業に行きたがるのか?

さて、なぜ大企業に就職したがるのか? についてお話しします。

私が大学院生時代に就職活動をしていた頃もそうでしたし、今もそれほど変わっていないように思えます。

一定レベル以上の大学の学生は、皆大企業志向です。

大企業に行きたがる理由は以下のようなものです。

●知名度が高い
●華やかに感じる
●世界規模の仕事ができる

私も就職活動が 始まった頃に、色々な会社のパンフレットを眺めては、まだ見ぬ世界に夢を膨らませたことを覚えています。

そもそも大企業しか知らないという学生も少なくないでしょう。

メディアで取り上げられるのは大企業ばかりですし、CMをやるのも基本大企業だからです。

私が学生のとき、大企業の人が大学に特別講義に来たりしていました。

また、就職活動が始まってから、大学にリクルーターを送ってくるのは大企業ばかりでした。

「有名大学から大企業」というレールが敷かれていて、知らず知らずのうちに大企業に誘導されているのです。

本当は幅広い目をもって中小・零細企業のことも調べた方が良いのですが、皆やりません。

これまで進んできたレールから外れることには抵抗がある人も多いからです。

私もそうでした。そのときは、有名大学に行ったのだから、大企業に行かないと人生踏み外すことになると思っていました。

大企業のデメリット

さて、華やかに見える大企業の最大のメリットと言えば、給料が高くて安定していることでしょう。

世界規模の仕事ができるとか以前に、この環境 ↑ がベースにあるのが大きいです。

トヨタ自動車の社長までもが、終身雇用が約束できないと言っておりますが、中小・零細企業はもっと不安定です。

最初から終身雇用の保障などありません。

大企業は組合もしっかりしているので、今のような厳しい時代でもまだ従業員は守られているのです。

さて、本題であるデメリットにも目を向けましょう。

私が思う大企業のデメリットは、総じて言えば自分の裁量を発揮できないことです。

サラリーマンである以上は、会社の方針、上司の指示に背くような行動はとれません。

それは会社の大小に関わらず同じです。

しかし、中小・零細企業の方が、まだ個人の裁量を発揮できる可能性が高いです。

大企業だと常に組織的に動くことが求められます。

自分一人で仕事が完結することは絶対にありません。

事業規模が大きいからです。

皆で大きなものを作り上げたいという人には向いていると思いますが、職人タイプやこだわりが強い人には辛い環境と言えるでしょう。

私は学生時代に、大企業よりも中小・零細企業に行った方が好きなことをやれる

というはなしを聞いたことがありました。

大企業と零細企業の両方を経験した現在の立場から言うと、それ↑ がすべてに当てはまるとは言えません。

社長のワンマンの会社もあるからです。

ただ、小さな組織の方が自分の裁量を発揮できる可能性が高いことは確かです。

私は大企業に勤めていたときに、もっと自分の裁量を発揮できる立場で仕事したいと感じて家業を継ぐことにしました。

今は、大企業にいた頃と違い、会社全体のことが分かりますし、自分の頑張りが会社の売上にどう反映されているかも分かります。

営業、人事、現場と大企業にいた頃よりも幅広く色んな業務に携わっています。

自分がこけたら会社も終わるという環境はプレッシャーがかかりますが、大きなやり甲斐も感じています。

大企業のデメリットを知った上での就職ならあり

大企業のデメリットを知った上での就職ならあり

さて、大企業のデメリットについてお話しさせて頂きましたがいかがでしょうか?

それでも大企業のに魅力を感じるという学生は、大企業への就職を考えた方が良いでしょう。

今の段階で、先に書いた大企業のデメリットに我慢できそうと思える方は、就職を考えましょう!

実際の環境が本当に合うかどうか? は働いてみないと何とも言えないところもあります。

入社してから世界規模の仕事の一翼を担うことに使命感を感じれれば、その就職は大成功と言えるでしょう。

もし、やっぱり合わないと感じても、大企業から中小・零細企業への転職は、逆と比べればハードルは低いです。

まとめ

学生時代は大企業にいいイメージしか持ちません。

実際に社会人を経験した立場から言えば、大企業にはデメリットもあります。

それは総じて言えば

自分の裁量が発揮しにくい

ということです。

それが嫌だと思う人は大企業はやめた方がいいと思います。

一方でそれでも大企業を望む人は、就職することをお勧めします。